WEB SERVICE BY FANZA DUGAウェブサービス

アダルトコラム

蒲田のマンヘル・ピンサロ

時代は1993年から1999年代の2000年になる前でした。

初めて行った風俗が蒲田ということもあり、この年代は風俗に行く時は蒲田でした。

蒲田の風俗でハマったのがピンサロとマンヘル、いわゆるマンションの部屋を使用しているヘルスでした。

ちょうどまだ私が20代で、20代での風俗最盛期が蒲田の風俗でした。

蒲田駅西口のピンサロ

最近では蒲田駅西口は大学、専門学校の校舎ができ、非常に綺麗な印象です。

しかしながら、私が風俗に通っていた頃は、大変雑然とした商店街でまさに夜の街という雰囲気を醸し出していました。

その中でよく通ったピンサロが、確かフラミンゴ系列で若い子がいた店でした。

名前は何度か変わっていたため、正確には覚えておりませんが、場所は芝一ビル、今でもピンサロがあるビルで、4階か5階にありました。

初めて入った時は、店内のプレイしている様子がみえ、ソファに座って待機している嬢もみえ、大変興奮したことは覚えております。

入るともちろん写真指名して、ソファに座ると、すぐに嬢がきてくれて、「いらっしゃいませ〜」とすぐにディープキスです。

もうそれだけで、愚息はいきり勃って、ズボンの上からでも明確に形が分かるぐらいビンビンです。

そして、その場でズボンをおろし、パンツも膝から下までおろします。

そして、ビンビンになった愚息をおしぼりで拭いてもらいます。

それだけでも、さらに勃って硬くなっていきます。

柔らかい手で愚息を上下に動かして、そしてパクッと咥えてもらいます。

その瞬間はもう至福の時でした。

そして、唾だらけの口で、フェラを存分にしてもらい、最後はお口でフィニッシュです。

最高の瞬間でした。

ピンサロは、確か30分6000か7000円ぐらいだったと記憶しております。

少し相場としては高めでしたが、若くて可愛い子が在籍していたので、よく通っていました。

もうここ25年以上ピンサロには行っていませんが、この蒲田のピンサロは良かった思い出しかありません。

いい時代、いいお店でした。

蒲田駅東口のマンヘル

ピンサロ以外でもう一つ蒲田の風俗で相当通っていて、思い出に残っているものがございます。

マンヘルです。今ではあまり聞かない言葉ですが、マンションの一室で受け付けて、同じマンションの別の部屋でプレイするスタイルの風俗です。

もちろんプレイ代だけで、ホテルのように室料はかかりません。

そんなマンヘルですが、よく通ったお店は、生っ娘クラブです。これだけは名前を覚えています。

場所は、今でもありますが、東口のペガサスステーションの一室にありました。

その当時でさえ、エレベータは古くノスタルジックな雰囲気でしたが、現状まだあることに感動しています。

当時の生っ娘クラブはマンションの一室で受付をして、部屋番号の紙を渡され、同じマンション内の部屋の前に行きノックをします。

そうすると、中から嬢が出てきて、部屋に案内されます。

部屋は2部屋あり、確かシャワーが一つで、各部屋タイミングをみてシャワーを使い、部屋に戻りプレイします。

プレイ内容は普通のヘルスで、特に全身リップをよくしてもらった覚えがあります。

生っ娘クラブは当時深夜2時ぐらいまでは営業していて、いつでも楽しめたものでした。

またマンション内でのプレイということもあり、どこか淫靡な雰囲気もあり、足繁く通っていました。

1990年代であっても、今とあまり遜色なかったと記憶しています。

金額も今とあまり変わっていないかと思います。

若かりし頃の風俗最盛期でした。

-アダルトコラム
-, ,

© 2021 AV・アダルト動画 エロ動画三昧