WEB SERVICE BY FANZA DUGAウェブサービス

アダルトコラム

風俗最盛期 関内 お気に入りの姫との出会い

梅雨時のある日、仕事は出張で、会社にも戻らず、16時ぐらいには仕事を終わり帰宅できる日がありました。

そしてふと思いついたのが、以前からお店のホームページで気になっていた姫です。

これが、お気に入りの姫との長い付き合いの始まりでした。

お店への電話予約

私は出張先から、会社に直帰する旨の電話を入れました。

すぐさま、お店のホームページをみると気になっている姫が17時から出勤です。

そして、間髪入れずに、お店に電話です。

(お店の名前は、迷惑がかかるといけないので控えさせてもらいますが、関東だけでない大手チェーンの店舗型ヘルスです)

平日、16時ぐらいの電話なので、すぐに繋がります。

「今日の予約は大丈夫ですか?」と話します。

「大丈夫ですよ、女の子はお決まりでしょうか?」との返答です。

「はい、●●さんをお願いしたいのですが?」と確認しました。

「●●さん大丈夫ですよ。何時から何分コースご希望でしょうか?」との返答です。

「では17時から75分コースでお願いしたいのですが」と聞きました。

「17時から75分コースですね、おとりします。確認の電話は結構なのでそのままお店にお越しください」

ついに気になっていた姫を予約できました。

私はすぐに関内駅に向かいました。

お店に着いてから

お店は何度も行ったことがあり、システムもプレイルームも知っていました。

お店に着き、会員カードを出して、支払いを済ませます。

そして、プレイ内容の質問事項など記載します。

「お飲み物はいかがでしょうか?」と聞かれたので

「烏龍茶をお願いします」と頼みます。

烏龍茶を飲みながら、写真をアルバムでまず確認します。

ホームページでは顔出しではなかったので、指名した姫を探します。

ありました。

写真に写っていた姫は、どストライク。

まさしく思った通りでした。

それでも、まだ写真だけでは分かりません。

今までそんな経験は何度となくしてきました。

それでも、待合室では期待に胸も股間も膨らませて待っていました。

遂に気になっていた姫とご対面

待合室で待ち、予約した17時を迎えました。

「お待たせしました ご案内します」と店員さんに声をかけられました。

遂に会えます。

このお店は部屋で姫が待機している仕組みです。

まず店員さんがいつもの注意事項を話します。

そして、店員さんがドアをノックします。

部屋の中に入り、姫とのご対面です。

「こんにちは はじめまして」

そして、姫の顔をみます。

『あ〜 もの凄い好み、タイプだ』と心の中で叫び、超ガッツポーズです。

写真より断然良かったです。

「今日は来て良かった」思わず口走りました。

姫は「またまたお世辞が上手ですね」

そんな他愛もない会話してる時も、内心ガッツポーズの充実感満載でした。

「ホームページで見て、気になっていて、やっとこれましたよ。やっぱり思ってたとおりの可愛いですね」

「え〜 ありがとうございます。うれしいです。」と姫からの返答。

人は会ってから数秒で好き嫌いを判断すると言うが、まさにその通りでした。

プレイは充実感満載

話もそこそこに、シャワーを浴びて、プレイの始まりです。

まずはディープキスです。

姫の少し厚めの唇が、気持ちいい。

そして、舌を絡ませてのディープキスです。

それだけでも気持ちいい状態です。

肌が合うとはこういうことをいうのでしょうか。

次におっぱい。

Dカップのおっぱいを優しく触り、舌をはわせます。

姫は少し感じてくれました。

舌で体を愛撫していき、どんどん下の方へいきます。

遂にあそこにきました。

ヘアーは少なめ。

もちろんいい匂い。

むしゃぶるように、舐めました。

そして攻守交代。

今度は姫からディープキス。

それだけで、股間はかたくなりました。

乳首舐めから、舌はどんどん下の方にいき、遂には愚息のところまできました。

手で何度か愚息をこすってもらい、遂に咥えてもらいました。

咥えた瞬間

「あ〜」

と声が出るほど良かったのを記憶しています。

そしてローションをつけての素股。

もう興奮状態で、姫のアソコと触れた時には、ギンギンな状態でした。

フィニッシュも最高でした。

 

会った瞬間「いいな」と思える本当にお気に入りの姫です。

これが、長い付き合いとなる姫との始まりでした。

 

-アダルトコラム

© 2021 AV・アダルト動画 エロ動画三昧