WEB SERVICE BY FANZA DUGAウェブサービス

傑作シリーズ三昧

最高の愛人と、最高の中出し性交。 シリーズ作品


最高の愛人と、最高の中出し性交。巨乳愛人編 BEST 01

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


ロングセラー人気シリーズの最高の愛人と、最高の中出し性交の巨乳で激エロボディを持った美女15名を厳選!熱く激しく燃え上がる情事に巨乳を貪られ感じまくる彼女たちの淫乱な姿があなたの股間を刺激する!


最高の愛人と、最高の中出し性交。 46

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ありさ』と濃密な愛を刻む。大手企業の受付をしているありさは、取引先の既婚男性と秘密の関係を持つようになった。桜が満開の頃、久しぶりに会った二人。お互い仕事に追われる日々のなか、待ち焦がれていた二人だけの一日が訪れた。ホテルに着くなり何度も口づけを交わす。荒々しく服を脱がされ、熱くなった体を重ね合って彼の体温を全身で感じる。たっぷりと愛撫されて潤滑になった膣に“ナマ”の肉棒を迎え入れる。膣奥から流れ出た大量の精液は二人の愛の証。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 56

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『りか』と濃密な愛を刻む。ピアニストのりかは、音大在学時代の恩師と秘密の関係を持っている。慌ただしく過ぎる日々の中、待ち焦がれていた二人だけの一日が訪れた。都内を車で走り回り食事を済ませた後は、二人だけの時間を求めてホテルへと向かう。ホテルの一室に入るなり、会えなかった時間の寂しさを埋めるように濃密な口づけを交わす。昂ぶる興奮を抑えきれず彼女の衣服を乱暴に剥ぎ取ると、華奢な身体に実ったHカップの双丘が露わに。貪るようにしゃぶりつき、そのまま下半身へと手を伸ばすと恥部から愛液が溢れ出しているのがわかった。手指で激しく膣内をかき乱すと床に潮が噴き零れた。たっぷりと濡れたマンコに生の肉棒を挿し込み猛烈なピストンを与えると、淫美な身体を捩らせながら彼女は絶頂を迎えた。更に激しく一心不乱に腰を振り続け、膣奥深くへと白濁液を吐き出した。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 30

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『さり』と濃密な愛を刻む。穏やかな陽気に照らされながら、ふたりは束の間の休日を堪能。屈託のない話が広がるたびに日常での寂しさがこみ上げ、繋ぐ手に力が入る。沸き上がる焦りや不安を拭い去るため、より一層愛を深めるため、導かれるままにホテルへ。熱いキスと抱擁で一気に鼓動が激しくなり、濃密な愛撫が全神経に過敏な反応をもたらす。脈打つ肉棒が陰部をかき乱し、膣奥深くへ注がれた精液がさらなる興奮を呼び起こしていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 51

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『りお』と濃密な愛を刻む。某企業の受付嬢をしているりおは、職場で出会った既婚男性と秘密の関係を持っている。互いに慌ただしく仕事に追われる日々の中、待ち焦がれていた二人だけの一日が訪れた。イタリアンレストランでの食事と、打ちっぱなしでのデートを楽しんだのち、二人きりの時間を求めてホテルに向かう。二人は高まる情欲を抑えきれず、ホテルの駐車場で濃厚な接吻を交わし互いの身体を弄り合う。部屋に入るとりおは衣服を剥がされ、乳首や脇、足の指先など身体の隅々まで激しく舐め回される。秘部を指で掻き乱されると、多量の愛液が溢れ出し思わず喘ぎ声を漏らす。其処を熱くなったナマの肉棒で突き破られ、激しいピストンを与えられると、淫美な肢体を捩らせながら絶頂を迎える。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 35

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『はるか』と濃密な愛を刻む。陽射を通さぬ重々しい曇り空の下、晴れやかな笑顔がふたりに咲き乱れる。温かな思いの詰まった手料理に安らぎを感じ、固く繋がれた手の柔らかさに胸が高鳴る。微かにちらつく雨から逃れたふたりは熱い抱擁を交わし、思いのままに唇を重ねる。火照った素肌に舌を這わせ、とろけた陰部をじっくりと愛撫。止め処なく湧き上がる欲望の波に逆らうことなく、剥き出しの肉棒を膣奥深くへと挿入。自由の効かない日々の寂しさを拭い去るように、脇目も降らずに激しく絡み合う。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 60

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『らら』と濃密な愛を刻む。受付嬢として働くららの退屈な日常を変えたのは、本来愛してはいけない既婚者男性だった。久しぶりに訪れた二人だけの一日。食事やショッピングを楽しみながら、他愛もない会話に花を咲かせ、恋人同士のような幸せな時間を過ごす。移動の車中では人目も憚らず何度もキスを交わし、欲望が昂った二人はホテルへと急いだ。部屋に入るなり男はららの服を荒々しくたくし上げ、乳房や陰部を激しく愛撫する。反り返った肉棒を目の前に差し出されると、卑猥な音を立てながら丁寧に舐め上げる。挿入を懇願するららの恥部にナマのまま肉棒を挿し込み、激しいピストンを喰らわせると、部屋中に嬌声が響き渡り幾度も絶頂へと達する。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。1

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『はるか』と濃密な愛を刻む。下町をぶらぶらデートすれば、眩しいくらいに輝く瞳で見つめてくる。会えない日々の寂しさを埋めるように、何気ない会話や食事を楽しみながら穏やかな時間を歩んでいく。高ぶる心を抑えながらホテルへと足を運び、一心不乱に愛を求め合う。繊細かつ大胆に唇を重ね合わせ、互いの素肌に舌を這わせる。ささやかな刺激に心躍らせ、艶かしい肢体を痙攣させる。潤った恥部に自ら生での挿入を望み、直に伝わる熱を悦ぶ。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 57

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ゆうか』と濃密な愛を刻む。スポーツジムのパーソナルトレーナーとして働く彼女は顧客の既婚男性と秘密の関係を持っている。家族や職場の人にバレないように連絡を取り合い、久方ぶりに訪れる二人きりの時間は人目も憚らずキスやハグを繰り返す。ホテルに入るとシャワーも浴びずに、待ち遠しかった裸の触れ合いに心を躍らせる。引き締まった健康的な身体を貪るように愛撫されると、彼女も彼に応えるようにチンコを喉奥まで咥え込み濃厚なフェラ。自らマンコを広げて生での挿入を懇願すると、激しいピストンで数えきれないくらいの絶頂を迎え膣奥に放たれた精液の熱に酔いしれる。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 BEST vol.02

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛を求め、愛に溺れるふたりが綴る儚いひと時の記録。捨て切れぬ“家庭”という足枷から離れた愛する男とふたりきり。誰にも邪魔されることのない緩やかな時の流れに身を任せ、湧き上がる欲望をぶつけ合う。膣奥深くから染み渡る精液の熱をかみ締めながら、さらなる刺激を求めて唇を重ねる…。男心狂わす最高の愛人8名と濃密な愛を刻む8時間!!


最高の愛人と、最高の中出し性交。 45

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『えみ』と濃密な愛を刻む。営業補佐として商社に勤め仕事に追われる日々。そんな『えみ』の心を癒してくれたのは、本来愛してはいけない妻子のある男性だった。久しぶりに訪れた2人の特別な時間。仕事や家庭の事を忘れお互いを求め合う。寂しさを埋めるように無我夢中で抱き合い、貪るように何度もキスをする。全身で彼を感じて身体も心も満たされていく…。ふたりは愛人という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 49

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『はる』と濃密な愛を刻む。美術館でキュレーターとして勤めるはるは、広告会社に勤める既婚男性と秘密の関係を持っている。互いに慌ただしく仕事に追われる日々の中、待ち焦がれていた二人だけの一日が訪れた。街中でのドライブや、渓谷での散策を楽しんだのちに、二人はホテルへ向かう。部屋に入って、濃厚な口づけを交わすと、彼から自慰行為をするよう求められたはる。羞恥心を抱きつつも、大好きな彼に見つめられながら秘部を弄ると、愛液がとめどなく溢れ出す。彼から衣服を引き剥がされ、其処を激しく舐め回されると、淫美な肢体を捩らせる。そして、秘部を反り起った肉棒で突き破られ、激しいピストンを与えられると、幾度もの絶頂を迎える。二人は”愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 62

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『りか』と濃密な愛を刻む。銀座のホステスとして働くりかには、仕事とは別で逢瀬を重ねている既婚男性がいる。赦されない関係だと知りながらも、久しぶりに訪れた二人だけの甘い時間に、身も心も酔いしれていく…。ホテルの部屋に入るなり引き寄せられるように唇を重ね、会えなかった時間を埋めるように濃厚で深い接吻を交わす。男はりかの乳房や陰部を優しく愛撫すると、反り上がった肉棒を口元に差し出す。りかは応えるように口いっぱいに咥え込み、竿から玉裏まで丁寧に舐め上げる。熱を帯びた秘部に固くなった”ナマ”の肉棒を挿し込まれ、激しいピストンで絶頂を迎える。幾度も絶頂を迎えながら、膣奥深くへと男の白濁液が注がれる…。二人は“愛人”という背徳的な関係である事を忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 28

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ゆい』と濃密な愛を刻む。肌寒い冬の一日。どんなに愛を育んでも頭から離れぬ「家族」の存在と、日々膨れ上がる愛情。葛藤を抱きつつ、繋ぐ手の温もりに心を躍らせる。久々の逢瀬はただひたすらに熱く…。一心不乱に接吻を交わし、熱を帯びた陰部に舌を這わす。潤い豊かな膣奥への摩擦は幾度もの絶頂をもたらし、染み渡る精液の熱がさらなる快楽の扉を開く。“寝取らせ”がふたりに新たな彩りを与える。湧き上がる嫉妬と淫美な表情はふたりの愛に火をともし、思いの丈を際限なくぶつけ合っていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 44 むっちり猥尻美女

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『かな』と濃密な愛を刻む。ホステスとして働く『かな』は、来店した既婚者男性と体の関係に。二人の相性は抜群に良く『かな』はいつしか身も心も彼なしでは満たされないカラダに…。お互い仕事に追われる日々の中。待ち望んでいた二人きりの一日が訪れる。久しぶりに出会えた高揚感から我慢が出来ず車中で人目も憚らずキスを何度も交わす。仲睦まじいピクニックデート、徐々に気分が盛り上がり欲望をぶつけ合う為ホテルへと向かう。誰にも邪魔されない二人だけの空間で、荒々しく抱き合い唇を重ね、互いの陰部を愛撫して潤滑になった膣へとナマで結合。男の激しいピストンで艶かしい声を響かせながら淫らに絶頂を迎え大量の精液が膣内から溢れ出てくる…。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 54

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『まな』と濃密な愛を刻む。キャビンアテンダントのまなは、乗客だった外資系企業役員の男に声を掛けられ次第に身体の関係を築く…愛する人には奥さんがいると知った今でも逢瀬を重ねている。忙しい日々の中、久しぶりに二人だけの一日が訪れた。ホテルの一室へ入るなり、互いの愛を確かめるように幾度もくちづけを交わした。男が彼女の身体を隅々まで愛撫すると、いやらしい喘ぎ声と共にマンコからは大量の愛液が滲み出る。其処に熱くなったナマの肉棒で激しいピストンを与えられ、淫美な肢体を捩らせながら幾度も絶頂迎える。二人は『愛人』という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 53

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『わかな』と濃密な愛を刻む。昼間は堅実な銀行員として働いている彼女には秘密がある。きつく結ばれた主従関係にある男と逢瀬を繰り返し、他人には理解されない淫猥なひとときを過ごしている。普通の愛し方では満たされない彼女は、痛めつけられる事が一番の悦びである。縄で身体の自由を奪われ喉奥をチンコで激しく犯されても、猥尻に何度も平手打ちを食らわせられても、恍惚とした表情を浮かべる。あらゆる痛みを与えられると、陰部から愛液が溢れ出し熱い肉棒を求める。激しいピストンの末、膣奥深くへ注がれた精液がさらなる興奮を呼び起こしていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 50

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『みさ』と濃密な愛を刻む。二人の関係は、エステ店の客と店員というところから始まった。彼には家庭があり、愛してはいけない相手だとわかっているのに、みさは会う度彼に惹かれていく。久方ぶりに訪れた二人きりの一日、二人は食事中でも戯れ合い、湧き上がる欲望を抑えることなくホテルへと向かう。部屋に入り、濃厚な接吻を交わすと、猥尻を激しく揉みしだかれるみさ。秘部には玩具で刺激を与えられ、愛液が溢れ出す。其処を激しく舐め回され、思わず喘ぎ声が漏れる。そして、秘部を反り起った肉棒で突き破られ、激しいピストンを与えられると、淫美な身体を捩らせながら絶頂を迎える。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 BEST vol.06

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


許されざる程、燃え上がる。お互いの心と身体を満たすため、禁じられた逢瀬を重ねる背徳的性交映像・総集編。待ちに待った誰にも邪魔されることない二人の時間。高ぶる欲望を抑えきれずに本能のままにハメ狂い、膣内を満たす濃厚な精液の熱に酔いしれる。男心を狂わす最高の美女10名と濃密な愛を刻む中出し性交8時間BEST。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 BEST vol.05

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛に飢えた大人の男女が綴る儚いひと時の記録。誰にも邪魔されることのない緩やかな時の流れに身を任せ、湧き上がる欲望をぶつけ合う。膣奥深くに放たれた精液の熱をかみ締めながら、さらなる刺激を求めて唇を重ねる…。男心狂わす最高の愛人10名と濃密な愛を刻む!!


最高の愛人と、最高の中出し性交。 37

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『えりか』と濃密な愛を刻む。無数の人々で賑わう夜の繁華街。周囲の目など気にすることなく、繋ぐ手の温もりをかみ締める。晴れやかな笑顔が咲き乱れるふたりはさらなる幸福を求め、足早にホテルへ。高ぶる思いをぶつけるように唇を合わせ、熱を帯びた身体を抱き寄せる。小刻みに震える柔肌、弾力豊かな乳房、高粘度の愛液があふれ出す陰部。その全てに愛情を込めて舌を這わせ、己の肉棒に活力を与える。待ち焦がれた挿入の時、隔たりのない“ナマ”の肉棒は膣奥深くをかき乱し、至福のひと時へと駆け上がっていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。7

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『あや』と濃密な愛を刻む。美大生と教授。芸術家、そしてひとりの男として心酔する教授を澄み切った瞳で見つめながら、好天に恵まれた海辺をゆっくりと歩く。ホテルに入れば越えてはいけない壁の存在を忘れ、溜め込んだ思いをぶつけ合う。一望できる華やかな情景に心を躍らせながら、相手を悦ばせたいという一途な心で愛撫に励む。日常からかけ離れたひと時がふたりに異常なまでの興奮を与え、艶やかな体を一心不乱に“生”の熱を味わう。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。10

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『はな』と濃密な愛を刻む。“家庭”という壁を気にしつつ、互いの顔を見つめながら限られた短い時間を過ごしていく。ホテルへ訪れたふたりは鮮やかな夜景に心を躍らせ、素肌の熱を味わうためにゆっくりと抱き合っていく。貪るように濃厚な愛撫を重ね、高ぶる心を抑えることなく生の快感に溺れる。嫉妬と羞恥に導き出される興奮を味わうため、“寝取らせ”という日常では味わうことの無い快楽に溺れていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 14

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ののか』と濃密な愛を刻む。久々に訪れた安らかなひと時。互いの顔を見つめ、甘い言葉をつむぎ合いながら心を通わせていく。身体の交わりを欲するふたりは車内で玩具を取り出し、欲望を高めあいながらホテルへと向かう。入室とともに身体を手繰り寄せ、待ち遠しかった肌の触れ合いに心を躍らせる。食らいつくようなキス、心を込めた愛撫、悦びを分かち合うピストン…互いを思う気持ち全てをぶつけ合いながら、直に感じる快感の熱に溺れていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 55

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『りん』と濃密な愛を刻む。某メーカー・派遣OLのりんは、取引先の既婚男性と秘密の関係を持っている。仕事に追われ慌ただしい日々の中、待ち焦がれていた二人だけの一日が訪れた。都内を車で走り回り、東京の街並みを見下ろせる展望デッキへと行き、ロマンチックな時を過ごす。あたりが暗くなりはじめた頃、互いに察するようにホテルの部屋へと向かった。抑えていた欲望が爆発したかのように、唾液が行き交う程の濃厚な口づけを交わす。彼女の熱くなった秘部をいじると、部屋中に嬌声が響き渡り多量の愛液が溢れ出す。挿入を懇願する彼女のマンコに剥き出しの肉棒で激しいピストンを浴びせた末、膣奥深くへと白濁液を注ぎ込む。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 48

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『れな』と濃密な愛を刻む。銀行で渉外担当として勤めるれなは、取引先の既婚男性と秘密の関係を持っている。互いに慌ただしく仕事に追われる日々の中、待ち焦がれていた二人だけの一日が訪れた。高ぶる淫欲を抑えきれず、ホテルの駐車場で濃厚な口づけを交わす二人。れなは下着を外され、柔乳を弄られる。部屋に入って、熱くなった身体を抱きしめ合い、互いの温もりを分かちあう。れなは激しい愛撫を受けると、喘ぎ声を抑えきれず、淫美な身体を捩らせる。秘部からは愛液が溢れ出し、其処を熱くなった肉棒で掻き乱される。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 27

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ゆうり』と濃密な愛を刻む。眩い陽射に照らされた穏やかな朝。求めるものは優雅な朝食でもなくのどかな鳥のさえずりでもなく、柔らかな肌の温もり。熱くたぎる肉棒と潤い豊かな蜜壷が交われば、得も言えぬ至福のひと時が訪れる。静寂に包まれた庭園でも煌びやかな街中でも身体の疼きを抑えられず、再びふたりきりの空間へ。悦に入る相手の表情に心を躍らせ、さらなる快感のために奉仕を尽くす。導かれるままに“生”の熱に溺れ、また新たな刺激に身を委ねていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 36

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『杏樹』と濃密な愛を刻む。気が滅入るような雨模様の中、久々のひと時はふたりに笑顔を咲かせる。ふたりの心を満たすのは豪華な料理でもなく煌びやかな夜景でもなく、愛する者の肌の温もり。艶やかな唇に吸い付き、柔らかな乳房やとろけた陰部を貪る。惜しみない愛撫の果てに交わったナマの性器の熱がふたりの欲望を高ぶらせ、思いのままに身体をぶつけ合っていく。膣内を満たす精液が非日常的な興奮を生み出し、限られた時間の濃度を高めていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 31

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ゆい』と濃密な愛を刻む。温かな陽射が降り注ぐ閑静な公園。久々に訪れたふたりきりの時間に心を躍らせ、人目を盗んで柔らかな唇の感触を確かめる。肌の温もりに飢えたふたりは足早にホテルへ向かい、寂しさをかき消すように身体を重ねる。熱くたぎる肉棒を差し出し、愛液滴る陰部を舐め回す。興奮冷めやらぬふたりはためらうことなく生で繋がり、限りある時間の中で最良のひと時を堪能していく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 12

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『みなみ』と濃密な愛を刻む。慌しさと共にある朝のひと時でも、果てしなく湧き上がる欲望を抑えることなく愛を育む。眩い陽射しに照らされた艶やかな肢体を抱き寄せ、繊細な愛撫を積み重ねていく。ふたりは思いの限り体をぶつけ合い、“生”の温もりに溺れながら絶頂へと到達。不貞関係が同僚の知るところとなり、心が波立つセックスを味わわされてもふたりは新たな境地を知る。鼻腔を刺激する淫らな香りに導かれるように、互いの心に寄り添いながら深い愛を育んでいく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 58

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ゆら』と濃密な愛を刻む。穏やかな陽気に照らされながら、待ち焦がれていた二人だけの一日が訪れた。久方ぶりの逢瀬に高揚感を隠せない二人は、人目も憚らず昼間の車中で何度もキスを交わす。都内を車で走り回り、ショッピングや食事を楽しみながら恋人同士のような時間を過ごした後は、男が所持している別宅へと向かった。『ゆら』の服を荒々しく剥ぎ取り、陰部を指で掻き乱すとねっとりとした愛液が絡みつく。肉棒を差し出すと隅々まで丁寧に舐め回し、反り返った肉棒を前にした『ゆら』はナマのまま挿入を懇願…。秘部を突き破るように荒々しく挿し込まれ、激しいピストンによって快楽に浸る。淫美な身体は幾度も絶頂に達し、膣内へと白濁液が注ぎ込まれる…。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 43

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『れおな』と濃密な愛を刻む。春の訪れを感じる暖かな風が吹く中待ち焦がれたふたりだけの時間。他愛のない話に花を咲かせ幸せなひとときを噛みしめる。温もりを確かめ合う為ふたりはホテルへ足を運び、寂しさを埋めるように幾度となく唇を重ねる。心惹かれる大きな瞳、滑らかな白い肌、淫らに揺れ動く形の良い乳房。高まり続ける彼女への愛に溺れ一心不乱に身体を絡め合う。膣奥から流れ出る多量の精液は愛の証。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 41

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『れいら』と濃密な愛を刻む。久方ぶりに訪れたふたりきりの一日。繋ぐ手から伝わる温もりがじんわりと心に染みる。街中のドライブや東京湾のクルージングを楽しみ、ホテルにたどり着いたふたりは夜景に目もくれず、湧き上がる欲をぶつけ合う。貪るようなキス、止め処なく続く愛撫、生の熱を存分にかみ締めるピストン。幾度もの絶頂の果てに多量の精液を膣奥深くへ注ぎ込んでいく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 33

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『えま』と濃密な愛を刻む。快晴の昼下がり、青々と茂る木々に包まれながらゆっくりと歩く。日々の寂しさをかき消すように触れ合いながら、時折人目を盗んで唇を合わせる。さらなる刺激を求めるふたりは足早にホテルへ。甘い吐息を漏らしながら舌を絡め、互いの陰部にじっくりと刺激を与える。高ぶる心を抑えることなく、むき出しの肉棒を挿入。強く身体を抱き寄せながら腰を振り乱し、膣奥深くへ濃厚な精液を注ぎ込む。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 16

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ひな』と濃密な愛を刻む。ふたりに与えられたのは僅かなひと時。屋外であれど人目を憚らず唇を重ね、愛を確かめていく。待ち焦がれたふたりきりの空間、脇目も振らずただひたすら快感に没頭。艶やかな肢体を撫でれば淫猥な匂いと多量の愛液を撒き散らし、肉棒を差し出せば一心不乱に舌を這わせる。身体の繋がりが幾度もの絶頂と得も言えぬ多幸感を生み出し、嬌声を響かせながら“生”の熱に溺れていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。4

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『あかり』と濃密な愛を刻む。職場では上司と部下、その関係を引きずりながら数少ない休日をふたりで過ごす。都会の喧騒から離れ、自然に包まれたロケーションで日頃の疲れを癒す。気兼ねなく流れていく時間を味わい、ふたりきりの空間を求めてホテルへと向かう。人目を気にすることなく唇を重ね合わせ、互いの素肌の温かさを味わう。快楽を感じるたびに彼女の膣から愛液が滴り、「今日は避妊しないで…」という言葉で交わりを求める。深く激しい快楽の果てにある膣内での射精に向かって…。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 52

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『りほ』と濃密な愛を刻む。繊維会社で営業を務めるりほは、取引先の役員の既婚男性と秘密の関係を持っている。互いに慌ただしく仕事に追われる日々の中、待ち焦がれていた二人だけの時間。ショッピングや水族館に行き、ごく普通の恋人同士のような一日を過ごす。日が暮れ始めた頃、お互い察するように唇を交わし、ホテルへと向かった…。シャワーを浴びる間もなく、男はりほの身体を隅々まで舐め回す。りほの熱くなった秘部を愛撫すると、喘ぎ声を漏らしながら身体を捩らせる。男は固くなったナマの肉棒をりほの奥深くまで挿し込み、寂しさを埋めるように何度もキスをしながら抱き合い絶頂を迎える。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。6

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『あん』と濃密な愛を刻む。毎日会うことが許されないふたりはあいにくの雨模様でも笑顔を絶やさず、相手の心に寄り添ってゆっくりと歩く。優美なホテルの一室で煌びやかな夜景を眺め、互いの体温を確かめるように抱き合う。艶やかな唇や揺れ動く大きな乳房をじっくりと味わうと、淫美な吐息と愛液を漏らす。潤った膣への挿入は互いの熱を感じ取れる生を望み、非日常の快楽に溺れ絶頂を繰り返していく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 BEST vol.01

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛を求め、愛に溺れるふたりが綴る儚いひと時の記録。自由の利かないふたりに訪れた久々の平穏。寂しさを溜め込むほどに思いが強まり、嬉しさが溢れるほどにより濃密な愛を欲する。“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままにナマの快楽を貪り合っていく…。男心を狂わす最高の美女6名と濃密な愛を刻む!!


最高の愛人と、最高の中出し性交。 61

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『のぞみ』と濃密な愛を刻む。医療事務として働く彼女は患者である既婚男性と禁断の関係を持つ。彼の優しく情熱的なセックスの虜になった彼女は、いけない関係だと知りながら身も心も奪われていく。忙しい日々の合間に訪れる二人きりの時間、美味しい食事とお酒を楽しみながら他愛もない話に花を咲かせる。空腹が満たされた後は誰にも邪魔されない空間でお互いを求め合う。緩急をつけたピストンで彼女を昂らせ、時には激しいスパンキングで刺激を与える。“ナマ”の肉棒の熱を膣奥深くに感じながら幾度も絶頂迎える。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 59

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ひなの』と濃密な愛を刻む。化粧品メーカー勤務のひなのは、取引先の男と禁じられた関係を結んでいる。いけない事だと知りながら既婚者である男との逢瀬を重ねている。久しぶりに訪れた二人きりのひととき、食事中は他愛もない会話に花を咲かせ、移動中の車内では湧き上がる欲望を抑えきれず互いの身体を弄り合う。夜景の見えるホテルへ到着すると、会えない寂しさを埋めるように荒々しく唇を重ねる。雪のように白い柔肌を優しく撫で回し、時に激しく秘部に刺激を与える。反り起った肉棒で激しいピストンを繰り返すと、淫美な身体を捩らせながら絶頂を迎える。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。8

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ゆり』と濃密な愛を刻む。のどかな時の流れをかみ締めながら、僅かなひと時に全てを捧げる。優雅なホテルの一室で湧き上がる欲望に逆らうことなく、素肌の感触を確かめながら快楽に溺れていく。いつにも増して溢れ出る互いの愛液の味が興奮を高め、ふたりは生の温もりを求め共に絶頂を堪能。歪んだ欲望を抱える男は悪友を連れ込み、ゆりを寝取らせる。他人棒で乱れる姿に欲情が止まらず、再びふたりが交わるといつも以上に濃密な精液が膣内を満たしていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 32

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『るい』と濃密な愛を刻む。眩い陽射に照らされた朝、穏やかな表情で眠る姿に魅了され、湧き上がる欲望のままに身体を重ねる。前夜の営みでは満たし切れなかった思いをぶつけ合い、新たな一日の幕が開ける。街中でも人目を忍んで唇を合わせ、玩具で陰部を弄ぶ。高ぶり続けた身体を満たすべくベッドの上へと場所を移し、熱くたぎる肉棒を生で挿し込む。何にも代え難い悦びに震えながら、膣内を満たす濃厚な精子の熱に酔いしれる。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。BEST vol.04

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛を求め、愛に溺れるふたりが綴る儚いひと時の記録。仕事に追われる日々の中訪れた2人きりの時間に、高ぶる欲望を抑えきれず、互いを激しく求め合う。“愛人”という不道徳な関係である事を忘れ、何度も身体を重ねる。膣奥深くへと注ぎ込まれた精液の熱を噛み締めながら、ナマの快楽に溺れていく…。男心狂わす最高の愛人7名と濃密な愛を刻む!!


最高の愛人と、最高の中出し性交。 40

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ゆいか』と濃密な愛を刻む。観光客で賑わう下町にふたりの関係を疑う者はいない。他人の存在を気にも留めず、穏やかな時の流れに身を任せていく。寄り添うだけでは満たされぬふたりは身体の疼きを抑え切れず、足早にふたりきりの空間へ。潤い豊かな唇を重ね、柔肌をそっと撫で回す。互いの陰部へ荒々しく愛撫を重ね、必然の如くナマで結合。息つく暇もない猛烈なピストンの末に、高粘度の精液を膣奥深くへ注ぎ込んでいく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 39

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『ほのか』と濃密な愛を刻む。穏やかな冬晴れの一日、待ち焦がれたふたりきりの時間は華やかな笑顔で彩られる。会えない時間に何よりも欲していたのは互いの肌の温もり。煌びやかな夜景を望む一室へ足早に向かい、抱き合いながら唇を合わせる。熱のこもった愛撫によって互いの身体は鋭敏に反応。火照った身体はさらなる悦びを求め、潤い豊かな陰部へナマの肉棒が挿し込まれる。日頃の寂しさで生じた心の隙間を埋めるべく一心不乱に腰を振り、膣奥深くへ多量の精液を解き放っていく。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 42

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『梨香』と濃密な愛を刻む。「待ち焦がれたふたりの時間。」食事中でもたわむれ合い、ふたりは湧き上がる欲望を抑えることなくホテルへと向かう。熱い抱擁を交わし、何度も唇を重ね合わせ、愛撫に没頭。とろけた陰部を自らみせつけると待ち望んでいた“生”の肉棒を迎え入れる。激しく交わり続けた末に膣内に精液を満たされると嬌声を響かせながら絶頂を迎える。ふたりは“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪り合っていく…。


最高の愛人と、最高の中出し性交。 47

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


愛人『わか』と濃密な愛を刻む。女優として舞台の稽古に励むわかは、仕事関係で出会った既婚男性と秘密の関係を持っている。互いに慌ただしく仕事に追われる日々の中、待ち焦がれていた二人だけの一日が訪れた。遊園地へ向かう車内や、アトラクションに乗る間、玩具で辱められ続けるわか。その後夜景の見えるホテルに辿り着いた二人は、暗闇の中濃厚なキスを交わす。わかは激しい愛撫を受けると、秘部から愛液が溢れ出し、其処を熱くなった肉棒で掻き乱される。そして、豊満な乳房があらわになる痴的な下着を身に着けさせられたわかは、目隠しをつけられ、彼からの嗜虐的な仕打ちに溺れていく。激しいピストンによって幾度もの絶頂を迎えた末に、多量の精液を膣奥深くまで注ぎ込まれる。二人は“愛人”という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。

-傑作シリーズ三昧
-, ,

© 2021 AV・アダルト動画 エロ動画三昧