WEB SERVICE BY FANZA DUGAウェブサービス

傑作シリーズ三昧

若妻の匂い(光夜蝶) シリーズ作品


若妻の匂い VOL.139

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


今回の若妻は少し気の強そうな、かといってサドではなく男性経験が少なかったような淑女タイプ。この歳にして若い彼にどんどん開発され、この若妻本来の「性」が開放されつつあるといった時期です。「夫に不満は有りません。けれど『女』としての悦びは、彼としか分かち合えないのかも知れません…」と言っていますが、このタイプは悪女になること間違いなし。


若妻の匂い VOL.143

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


夫のDVに悩んでる若妻。どこか翳りのある魅力が、この若妻の最大のエロい部分かもしれない。不倫を続けて彼と逢っている時こそ、束の間の心の安らぎゆえに貪り合うようなキス、叩き付けるような挿入に、絶頂感が味わえる。


若妻の匂い VOL.138

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


不倫相手は5歳年下の23歳、夫が40歳の元銀行マン。ある週末、ゴルフで留守の日を狙って、5歳年下の男とセックス三昧。この若妻は離れた夫より野性味溢れる感じの少し色黒で年下の男が好みでセックスの相性も良さそう。後ろから前から思いっきり突かれて撃沈。


若妻の匂い VOL.79

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


夫とケンカをして家を飛び出した彼女が向った先は、不倫相手の男の家だった。彼の家に初めて泊まる。時間を気にしなくて、今日は朝まで彼の腕の中で眠れる。おとなしそうな顔をして、大胆なことが出来てしまう彼女はセックスも大胆。自分の思うがままに腰をくねらせ、何度も絶頂に達する。


若妻の匂い VOL.72

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


新婚ホヤホヤなのだけれど、夫の仕事が忙しく最近かまって貰えないことで、つい出会い系に手を出したカオリン。清純そうで目鼻立ちがクッキリした顔立ち、色白で抱いた感じが柔らかそうな美人だ。そのカオリン、逢ったその日にHをして、騎乗位で何度も何度もイってしまう、相当すきもの。


若妻の匂い VOL.144

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


「大恋愛の末に主人と結婚して4年が経ちます」と言う、わかなさん。夫の会社の後輩に口説かれまくり、不倫関係を続けています。わかなさんの厭らしいくちびる、形の良く大きなおっぱい、女エロエロフェロモンにかかったら誰でも口説いて見たくなります。


若妻の匂い VOL.129

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


今回の若妻は、キスをしただけで体中に電気が走り、髪を触られながら背中に触れられるだけで体の中の液体が出てしまうという、とても感じ易く華奢で大変美しい若妻さんです。「私の足の指を丁寧に、そして厭らしく舐める仕草がとても好きで…」と言う様に、だんだんと調教もされ我慢している喘ぎ声も妙にソソリます。


若妻の匂い それから… レノン

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


昨年結婚したという取引先の事務の彼女。仕事柄何度も会っているうちにだんだん親しくなり自然と男女の関係になった。舌をタップリと吸ってあげると、勃起したチンポを取り出し幸せそうな表情でこちらを見つめながら咥えそのまま大量の精液を口に放出。その後ベッドで乳首を弄りオモチャで何度もイカせるとおねだり目線でチンポを見つめ、渾身の突き下ろしで応えると至福の表情で連続で果て、愛液まみれのチンポを丹念にフェラさせて再度子宮奥に挿入し中出しをした。互いに見つめ合った後、まだギンギンに勃起しているチンポを後ろから挿入すると絶叫と共にハメ潮を噴き、二度目の射精を彼女の震える子宮奥に注いだ。


若妻の匂い VOL.81

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


新婚ホヤホヤで旦那につくしたいのに、旦那はいつも朝帰り、そんな時、近所の苦学生をみていると母性本能がくすぐられて、彼の役に立とうとお弁当を作ってあげたら、お返しに大きなスペシャルソーセージを食べさせてもらい…。


若妻の匂い VOL.17

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


夫は船乗員で1年に1回しか帰ってこない七夕夫婦。当然妻のさりあさんの欲求不満は溜まるどころかもう限界ギリギリ。今までオモチャやバイブは未経験だったらしく、怖さ半分、興味半分のようでしたが、パンティーにシミが出来るほどグチョグチョに濡れて感じ方が◎。


若妻の匂い VOL.135

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


実は近所の学生さんと、一線を越えてしまったのです。彼は、とても貪欲で、甘え上手。そんな彼に、「自分でしているところを見せて」ってねだられるのです。初めは恥ずかしさで上気していた私が、今では見られているということで火照ってしまい、我を忘れて指の動きが激しくなってしまっています。もう私は彼無しでは居られない女になってしまいました。


若妻の匂い VOL.8

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


スリーサイズがB90、W56、H85で毎日オナニーしている彼女はHが好きで好きで堪らなく毎日でもセックスしたいということで、AVに出演したという経歴の持ち主。感じすぎると乳首がそそり上がるそうで昔の彼氏に調教された快感がまだ忘れられないそう。どんな調教されたんだろう?


若妻の匂い VOL.31

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


なつみさん専業主婦。二十歳だそうです。どことなく優しそうで、なんでも言うことを聞いてくれる感じの主婦ですが、「いれて~」「はやく頂戴」「やめないで~」と自らおねだり、スイッチが入ると積極的に激しく男の体を求め、そのまま何度も絶頂に昇りつめ…。


若妻の匂い それから… 綾子

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


都内の某エステサロンで働く綾子は、結婚して9年目を迎えるが夫婦生活はご無沙汰で、全身からセックスを求めるかのようなオーラを匂わせている。そんな彼女に店の常連だった私は惹かれ、交際を申し込み付き合うようになった。そしてその日も…自宅の玄関でその柔らかい舌とまぐわい、溢れ出る唾液を堪能しつつ股間をまさぐっていると、いつものように彼女にギン勃ちしたチンポを下品な音を立てられながら搾られて、そのまま大量の精液を口内に放出。リビングでまだもの足りなそうな彼女の為に、汗ばんだ首筋や脇の下からアナルまで愛撫し尽した後、電マとピンクバイブでマッサージを施すと、カラダをよじらせながら快感に浸る彼女。我慢できなくなった私は、愛液で蒸れた膣に硬くなったチンポを挿入し、征服欲を満たすように、はしたなく乱れる人妻の肉感的なカラダを眺めながら、心ゆくまでハメまくって最後にもう一度、熱い精子をオクチで受け止めてもらった。


若妻の匂い VOL.132

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


はやく休日に主人が出掛けないかと週末を待ち遠しく感じている真理絵さんは、不倫相手と週末にセックス三昧な日々を送る予定です。Hを好きだといい「彼に言われるがまま恥かしいポーズで挑発したり、自分でもびっくりするほど感じちゃうことも…。」少し童顔な真理絵さんですがエロエロパワー全開で期待に応えてくれます。


若妻の匂い VOL.96

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


3年前にホテルマンの彼と結婚して専業主婦になった律子さん。夫の昇級にともない夜の営みが無くなり寂しい日々。家事の合間にオナニーをするのが日課となったある日、酒屋配達のお兄ちゃんにオナニーを見られて…。


若妻の匂い VOL.114

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


主人の会社の新入社員と不倫している専業主婦。あるどしゃ降りの日、主人の忘れ物を取りに家に来た彼をいじらしく思いタオルで拭いてあげ、ついでにお口であそこをスッキリさせてあげて…セックスまでしてあげるご奉仕淫乱女。


若妻の匂い VOL.27

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


今回は旦那は開業医で巨乳の22歳の新妻さん。生活に困っている訳ではないそうですが、旦那がかまってくれなく、欲求不満の毎日を送っていたそうです。身体の疼きからセフレをつくり気持ち的には落ち着いてきたのでけれど性癖が大きくなり100センチのバストをぐちゃぐちゃに揉まれ、悶える自分を想像するときが一番燃えるそうです。


若妻の匂い それから… 秋美

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


私が通っている英会話教室で講師をしている秋美は、6年連れ添っている夫とは上手くいっていない。そんな彼女とは、互いに既婚者ということもあり、色々と相談に乗っているうちに友人以上の間柄になった。そしてその日も…どこか虚ろげな表情を浮かべる彼女を玄関で迎え入れ、服の上からそのふしだらな長い脚や形の良いFカップの乳房を優しく愛撫すると、お返しにと長い舌を這わせながらフェラチオ奉仕されて、たまらずオクチの中に射精。その後、ソファーに移動して玩具好きな彼女の敏感なトコロを、ローターやバイブで執拗に刺激してやると、小刻みに震えながら何度もイッてしまう。ぐったりしている彼女を抱き寄せ、舌や指先で乳首を転がして勃起させたらアソコはもうぐっしょり。亀頭をクリに擦りつけて焦らした後、ずっぽりと挿入すると…久しぶりの逢瀬SEXに身体をよじらせて感じまくり、ねっとりとした接吻を交わしながら、子宮の奥まで突き上げて2発目は綺麗な尻に発射してみる。


若妻の匂い VOL.48

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


26歳の主婦。ハーフ系の整った顔立ち、身長も高く、柔らかそうな巨乳。結婚してからというものセックスレスの日々が続き、毎日オナニーをしています。硬くて太いアレで私のアソコが真っ赤になる位、掻き回して欲しいという願望が叶った夜。


若妻の匂い それから… さな

DUGA作品ページはこちら


作品紹介


同窓会で久しぶりに再会した幼馴染み。聞けば、若いうちに結婚したという人妻8年目の彼女は、たしかに年齢の割に艶っぽく、既婚者同志の阿吽の呼吸で、何となくその日のうちに肉体関係をもつ間柄になっていた。そしてその日も…いつものように玄関で彼女の小さな身体を抱きしめ、そのまま舌を絡ませながら熱いキスを交わすと、早くも硬くなったモノを察して撫でまわし、大きな瞳でこちらを見つめながらのフェラで、溜まっていた精液をオクチで受け止める。その後、台所で手を洗う彼女の服を脱がせながら悪戯を愉しんでから、レオタードに着替えさせ、透けて見える乳首をコリコリと弄りながら、玩具で全身を刺激してイジワルすると、レロレロとカリ首を舐めまわすお返しフェラで奉仕され、ガマン汁をちゅうちゅう吸われる頃には我慢も限界。騎乗位で挿入後、抱き心地の良い身体に密着しながら自慢のカリ太チンポで膣奥を掻き回して、最後に2発目の発射もオクチで受け止めてもらった。

-傑作シリーズ三昧
-, ,

© 2021 AV・アダルト動画 エロ動画三昧